中標津こどもクリニックブログ

『馬鹿』に、されてしまった話

昨日、スーパーで例によって半ズボンで軽快に買い物をしていたら、
同じく買い物中のご夫婦の奥さんが旦那さんに
こんな寒いのに短パンはいてる馬鹿な人がいる。
と、話していたということをううちの奥さんに教えられました。
そんなことくらいで別に腹を立てたりはしないのですが、
失礼ながら残念な人だと思ってしまいました。

人は皆往々にして、自分の経験や、価値観でしかものごとを考えられないものですが、そうであっても
「変わった人がいるね」とか「何だかすごいね」
くらいだったら、何も感じないのですが、
「馬鹿な人がいる」という発言には、これもまた人間が皆持っている
自分と違うものは、劣ったものと考える
という、残念な発想によるものと考えざるを得ません。
例えば白人たちは
「肌の色が黒い人アフリカの人たち」
「髪が赤いスラブの人たち」
「唇が大きく厚いアフリカの人たち」
「目が細くつり上がっているアジア人」
などを、その外見の違いから
「自分たちよりも劣った人種」
と、決め付けて
その人権を認めずに差別、支配、搾取、迫害を繰り返してきました。
また、見た目が同じでも、信じている宗教が違えば、
「異教徒」として、何のためらいも無く残酷な仕打ちを行ないました。

そういった過ちを繰り返さないために、私たちは子どもの頃
みにくいアヒルの子」を読むように促されたのです。
子どもの頃に誰でも一度は読んで、理解して、実践をしたはずなのですが、大人になって油断をしてしまうとアヒルたちと同じことをやりはじめます。
自分と異質なものは、劣ったものであり、何を言ってもかまわない、何をしてもかまわない、という考え方が、
「いじめ」「差別」「虐待」などの根本原因になり得ます。

社会が息苦しくなってきた昨今、金子みすずの
「みんなちがって、みんないい」
という考え方が脚光を浴びていますが、社会の中で満たされていない人は、
ついつい自分と異質な人を認めて受け入れることができずに、
馬鹿にしたり、攻撃したりするものかと思うと、やっぱり悲しい現実を感じます。

その一方で、心にゆとりがあり、見識のある人たちからは、
何度か同じような言葉をかけられた経験があります。それは
寒いのに半ズボンかよっ!外人みたいでかっこいいなぁ!!
というものです。
確かに冬場に薄着の外国人はしばしば見かけるのですが、
それを見て覚えている見識の深さと、
みんなと違うことをプラスに捉えることができる心の広さが、
そういわせるものだと思います。
そんな言葉をかけられると、自分がほめられて気持ちいいとかそういった問題ではなく、そういった言葉をかけることができる人がいるんだということで、うれしい気持ちになります。
自分自身も、そうでありたいと思います。

だんだんと冬が近づきましたが、昨日はそれでもプラスの気温です。
冬になってから件のご夫婦に見られたら、なんて言われてしまうのでしょうか・・・


インフルエンザワクチン WEB予約手順

1 アクセス
QRコード、またはアドレス入力(https://ssc3.doctorqube.com/kclinic/)でアクセスします。


2 ログイン
カルテ番号(五桁)と、四桁のパスワード(初期設定は誕生日)でログイン
注1:カルテ番号がわからない方はお問い合わせ下さい
注2:カルテのない方は、氏名、フリガナ、電話番号、生年月日の入力が必要になります。

3 Emailアドレスの入力
省略可能ですが、入力したほうが便利です。
予約・変更・キャンセルなどの操作の後に、「受け付けましたメール」が届きます。

4 予防接種を選択
「予約の種類」から「予防接種」を選択すると「予防接種歴の入力」の画面が出ます。
省略可能ですが、今後も多くの予防接種を控えている乳幼児さんは、生年月日、前回接種日などから接種可能な予防接種を教えてくれるので、入力しておくと便利です。

5 いよいよ予約
「予約の種類を選択」から「インフルエンザ」を選択し、日時を選択すれば予約完了です。
注:「インフルエンザ」のボタンは、9月20日から設定します。
それ以前も診療の予約や、他の予防接種の予約は可能ですので、この機会に是非ご利用下さい。

6 確認・変更・キャンセル
ログインし右上の「予約メニュー」から「予約変更」「予約キャンセル」を選択すれば簡単に変更・キャンセルできます。


WEB予約割引料金新設ついて

当院では平成30年夏に新しい診療予約システムを導入しました。
開院当時から考えていた「不必要に待たせない」「院内感染を防止する」という役割加え、予防接種を予約することで予約システム内に接種記録が残り、次に予約をする際に「これはまだ打てない」「こんなのも打てる」といった判断やアドバイスをしてくれる機能を内蔵しており、「誤接種」「接種もれ」といった事態を防いでくれとの期待を持って導入しました。
しかしながら今のところ決して利用率は高いとは言えず、一度ご利用いただければその便利さを実感していただけるものと考え10月から行われる今シーズンのインフルエンザの予防接種において、
WEB予約普及のための割引キャンペーンを行うことといたしました。

対 象 : 自治体からの助成金を受けずに全額自費でインフルエンザの予防接種を行う方

期 間 : 令和元年10月1日から12月27日の間に受けられる接種

条件1 : 予約、変更等の手続きを、全てご自身がWEB上で行っていただくこと

条件2 : 事前に問診票を記入して、接種当日には仕上がった状態で持参していただくこと

上記に該当される方は、年齢、回数によらず、昨年までと同じ料金で接種を行います。
つまり

          新料金     WEB割料金
6ヶ月〜3才未満  3000円  →  2500
3才〜16才未満  3500円  →  3000
16才以上     4000円  →  3500
16才以上(2回目)  3000円  →  2500
                いずれも1接種あたり

と、なります。
医療機関に「安売り」は馴染まないとお感じになる方もいらっしゃると思いますが、
新しいWEB予約の便利さを知っていただき、利用を増やしていただきたいという願いがその中心にあるのですが、この割引の意味合いとしては、ご自身で予約をしていただくことは、こちらの側から見れば予約入力の手間が多少なりとも減ることとなります。
そのお手間に対する感謝の思いとお考えいただければけっこうです。
また、不要な感染防止のために院内にいらっしゃる時間を極力短くするという目的で、割引の条件には来院時点での問診票の完成という条件を付け加えさせていただきました。
勝手なお願いではありますが、WEB予約とともに「患者さんのためになる」取り組みではありますので、これを機会にお付き合いいただければありがたく存じます。
問診票は事前にクリニックまで取りに来ていただくか(既に対応しております)、
ワクチンの製造元であるKMバイオロジクスのホームページ上の予防接種予診票のページ
www.kmbiologics.com/medical/vq.html からインフルエンザワクチン予診票を選択し
ダウンロード、プリントアウトしていただくこともできます。(9月にはご利用になれます。)
羅臼町の方は羅臼地区で行うインフルエンザ予防接種のために役場の保健福祉課にも問診票を置く予定です(10月に入ってから)。
以上、何らかの方法で問診票を入手し、ご家庭でご記入のうえ当日お持ち下さい。
WEB予約の方法は、クリニックにて手順を書いた紙をお配りしております。
WEB予約の入り口は
https://ssc3.doctorqube.com/kclinic/

で、診察券をお持ちの方はカルテ番号がIDになっており、カルテ番号と、お誕生日でログインできます
診察、予防接種を問わず当院に受診暦のある方は複数のカルテを作ってしまうと情報管理上患者さんに不利益を与えてしまうことがあるので、「以前にかかっているはずだ」「かかったことが有るか無いかさっぱりわからない」という方は、お電話でフルネームとお誕生日をお伝えいただければ、受診歴があればカルテ番号をお伝えいたしますので早めにお問い合わせ下さい。
カルテ番号を入力すると「氏名」「フリガナ」「電話番号」「生年月日」「性別」などの入力が省略できて便利です。
ログイン後、Emailアドレスの入力欄がありますが、スキップしても予約はできますが、確認ができるように予約内容が返信されますので入力してから次に進んだほうが便利です。
次に「予約の種類」から「予防接種」を選択しますと、「予防接種暦の入力」の画面となります。
乳幼児の方で今後も多くの予防接種を控えていらっしゃる方には入力を強くおすすめしますが、そうでない方は入力せずに次に進んでも大丈夫です。
そして「予約の種類を選択」から「インフルエンザ」を選択し、日時を選択すれば予約完了です。
変更・キャンセルについても同様にログインし右上の「予約メニュー」から「予約変更」「予約キャンセル」を選択すれば簡単に変更・キャンセルできます。
ワクチンの入荷状況が確定していないためにインフルエンザワクチンの予約の開始は9月の下旬になると思いますが、WEBでの予約をしたことがない方は、練習がてら一度ログインまでの操作を確認してみてください。
実際に接種が行われる繁忙期(10月以降)お電話でのWEB操作のご質問には、他の患者さんからのお電話を妨げることになるので申し訳ありませんがお受けできかねます。
何事も早めの準備が大切です。
早めの登録とログインをおすすめします。


インフルエンザ接種料金ついてのおしらせ

接種料金の改定について

ここ数年間、前回の消費税の上昇や、3価ワクチンから4価ワクチンに変更された際の仕入れ価の上昇の際にも接種料金の値上げを見送ってまいりましたが、今回の消費税の再上昇にあわせて接種料金を見直すこととなりました。
金額については多少の違いはあるものの、町立中標津病院さんが今シーズン設定している料金と大きく離れてはおらず妥当なものであると思っております。
基本的には、昨シーズンの料金から一律500円増しとなっております。

以下に新しい料金を旧料金と併記してお知らせします。
赤字が変更部分です)


           旧料金      新料金
6ヶ月〜3才未満   2500円  →  3000
3才〜16才未満   3000円  →  3500
16才以上      3500円  →  4000
16才以上(2回目)  3000円  →  3000円(据え置き)
                いずれも1接種あたり

*注
標津町の乳幼児小児、別海町の乳幼児小児高齢者、に対する助成を受けていらっしゃる方は、各自治体が定めた昨年度までと同じ自己負担額で接種できます。

中標津町、羅臼町の65才以上の高齢者の方は今期はそれぞれ200円の自己負担増となります。
(標津町:13才未満1回目1000円、2回目無料、13才以上1回のみ1000円)
(別海町:小学生以下1回目2回目ともに500円、中学生1回目のみ1000円)
(中標津町:65歳以上の高齢者は1回目のみ1600円)
(別海町:65歳以上の高齢者は1回目のみ1000円)
(羅臼町:65歳以上の高齢者は1回目のみ1700円)


いわさききょうこLIVE

いわさききょうこツアー
          with常富喜雄
いつか逢う日に

今年も来ます。いわさききょうこさんのLIVEです。
ぢいやの常富喜雄さんも生きてます。
年に一度限りの「きれいなお姉さん」のLIVEです。
今年もまた、素敵な歌声を聞かせて下さいます。

8月25日 日曜日
開場 17:00
開演 17:30

ワンドリンクつき 2500円


注!!日曜日なので、いつもより2時間早い設定です。

LIVE終了後同じ会場でお2人を囲んでみんなで飲み会です。
翌日のお仕事に差し支えない程度にご参加ください。


告井延隆LIVEのお知らせ

今年も、またやってきます。

8月6日(火) 「告井延隆」
飽きたと思ってもまだ飽きない、「アコギ1本でビートルズ」の妙技!

19:00開場 19:30開演

チャージ2500円 別途ワンドリンクお願いします。



ライヴが終わったらミュージシャンを囲んで宴会します。
心の準備をしてお越しください。
お問い合わせは、中標津こどもクリニック0153-78-8311
院長 栗山まで・・・


蒸発する自転車

先日「子どもの心研修会」という研修会に参加するために大阪に行ってきました。
研修は土日の二日間開催だったのですが、一日目が終わった後に会場の梅北(梅田の北側)から程近いホテルにチェックインをして、阪急電車の十三(じゅうそう)駅近くのねぎ焼き(お好み焼きのキャベツが、長ネギに変わったような食べもの)の発祥の地とされる「ねぎ焼きやまもと」まで散歩がてらに食べに行きました。
淀川にかかる昭和のはじめに架けられた国道176号線の「十三大橋」を渡っていたときのことです。
昨今、普通に歩道にいても車にはねられてしまう事故の報道が相次いでいたので、「北海道から大阪に来て車にはねられてはたまらん」と思って、自動車と対面して敵の動きを察知することができる右側の歩道を歩きました(小学校の時に教わった通りです)。
すぐとなりに「新十三大橋」が架かっているからか、全部で4車線ある十三大橋は大阪中心部の梅田方面に向かう車線が3車線、十三に向かう車線が1車線となっています。
したがって、右側通行をしている私は3車線分のヘッドライトと向かい合いながら決して広くはない歩道を歩いているのですが、のんびり歩いていると突然何かが体のすぐ脇を走り抜けました
なんの前触れも無かったのでぎょっとして振り返ると、自転車が走り去って行きました。
もう一度前を見ると、今度はこちらに向かって走ってくる自転車のライトが見えました。
その自転車をやり過ごすと、今度は前方から話し声が近づいてきましたが、声の主は見えません。
身構えていると、二人乗りの自転車が目の前に出現し、次の瞬間にはすれ違っていました。
自動車学校で、「対向車のヘッドライトで横断歩道を渡る歩行者が蒸発する」という現象を教わっていましたが、全く同じことがこちらに向かって走ってくる自転車に起きているということにその時気づきました。
改めて振り返ると、去ってゆく自転車の姿は背後から照らされるヘッドライトでよく見えます。
歩道も明るく見えて、自転車で走るにはライト無しでも全く問題なく走れそうです。
しかしながら、自転車が蒸発しているという事態に、自転車に乗っていらっしゃる方ご自身が全く気づいていないのだとしたら、それは恐ろしいことです。
私自身が経験したように、歩行者の側からすれば姿の見えない高速移動物体が目の前に突然現れるわけです。
大量の自動車の走行音で自転車の走行音はかき消されていますので、接近を知らずに「ちょっと欄干の方に寄るかな」などと左右方向の移動をすれば、自転車との衝突は不可避です。
歩きなれた歩行者はこのメカニズムを百も承知なのかもしれませんが、ライトを点けずに走行していらっしゃる方は、ご自身もまた大きな危険にさらされているわけですから「こちらからは、歩行者が見えるから」ということで、この現象をご存じないのだと思います。
私達のような田舎町では考える必要も無いことなのでしょうけれど、都会ではもっともっと周知啓発していただきたいものです。


LIVEのお知らせ

DSC05511.JPG
今シーズン第一号のLIVEのお知らせです。


内山修 & 石山恵三 (元猫)
LIVE TOUR in 北海道

です。

猫のメンバーとして15年ほど前から欠かすことなく皆勤賞で毎年中標津でLIVEを行なっていた毎度おおなじみの内山修さんと、
同じく元猫のメンバーの石山恵三さんのお二人です。

お二人には昨年は4月にもライブを行なっていただきましたが、
ツアーの移動中に雪に遭遇したため、恐れをなして今年は5月に登場です。


5月9日 木曜日
開場 19:00
開演 19:30


前売り 3000円
当日券 3500円

いずれもワンドリンクつき
前もってお電話等でご連絡いただければ「前売り扱い」といたします。

LIVE終了後同じ会場でお2人を囲んで、みんなで飲み会です。
石山さんと一緒に飲むとメチャメチャ楽しいです。
みんなで楽しく飲みましょう!
飲んだ分だけ、飲み物代をご負担ください。


「猫」
1971年に結成され、吉田拓郎のバックを務め、
「拓郎の弟分」的なポジションで拓郎が作詞作曲した1972年発売の「雪」「地下鉄に乗って」でブレイク、その後はオリジナルの「昼下がりの町」「各駅停車」などがヒット。


インフルエンザ

ここに来て、インフルエンザの患者さんを見かけました。
職場単位の小さな流行もあるようです。
「なんかへん」と心配になった方はご相談ください。

また、時を同じくして
「職場でワクチン接種を指示された」
という方もいらっしゃいました。
何かあったときのために、
ワクチンのストックがあります。
現時点でも接種可能です。
職場などで指示を受けた方、ご心配な方はご相談ください


靖国神社

先日、高校時代のクラス会があり数年ぶりに同級生達と顔を合わせました。
そんな中であるクラスメイトが靖国神社に足しげく通い、境内に眠る御霊に花を手向けていることを知りました。
現在たまたま靖国神社の近くにお住まいで、お父上が少年兵として太平洋戦争に従軍し心ある人たちの計らいで南方から生きて帰還されたという経緯もあり、生還した者散っていった者のそれぞれの生き様に触れる機会があったという事が背景にあるようですが、根本的なところでは「感じる力と思索する力に長けている人だから」ということなのだと思います。
一方でその同級生である私は、学生時代に中曽根首相の「公式参拝騒動」があり、善悪以前の問題として「軽い気持ちで行っては行けない場所」という認識が生じてしまってついつい行きそびれておりました。
特攻隊の出撃地である知覧は以前に訪れたことがあり、国の明日を思って亡くなっていった若い命に感謝と哀悼の思いを自分なりに伝えてきたことがありましたが、靖国神社はその存在そのもの、そこを参拝すること、などに多くの意見があり、否定的な意見があることも承知していたので「ちゃんと学んで、自分の考えを持ってから」などといっているうちにみるみる無駄に年月が過ぎて行きました。
そんな中、同級生の純粋な気持ちに共感してス〜ッと行ってしまったのですが、結果として彼女にはおおいに感謝しています。日本人として、という以前に戦争をしてしまう人間という種族の一員として、政治的な善悪や、わかるわからない、はその辺に置いといて一度は訪れるべき場所であると思います。
実際に行ってみると、決して広くはない境内ですが、戦地で死を覚悟した兵士達が「靖国で会おう」と言い残して散って行ったという、まさにその場所にいると思うと否が応でも真摯な気持ちで立ち居振舞う自分に気づかされます。
使命というものに殉じ、残る家族への思いを綴った手紙などを見ると、人として崇高な境地までたどり着いたまさに「神」のような気高さを感じます。
それと同時に、そんな尊い魂の持ち主の命が紙くずのように一瞬の内に散らされてしまう戦争の理不尽さに、あらためて耐え難い腹立たしさを感じます。
核家族に育ち、戦地での経験を持つ方から直接話を聞く機会が無かった私にとって、自分が知る限りの「兵隊帰りの気骨ある大人」の代表選手はルバング島から生還された小野田寛郎さんなのですが、その小野田さんは政府から受け取った見舞金を靖国神社に寄付したことで「軍国主義者」などの批判に晒されて日本を去りました。

国は私たちが死んだら靖国神社に祀ると約束しておいて、戦争に負けてしまったら、靖国など知らないというのは余りにも身勝手です

という主張は、視点を兵士達の側に置けば、きわめてまっとうな意見であると思います。
戦争は、「勝った側と、負けた側」「行った側と、行かせた側」「見た側と、見てない側」などなど、どの立場で語るかによって大きく異なります。一言で語ることなど不可能で、いろいろな立場で、いろいろな思いを語ってしかるべきだと思いますが、ただただ違う立場の人の気持ちにも思いをめぐらせることのできる社会であって欲しいと思います。
そしてここ何十年も、天皇陛下ご自身が靖国神社を訪れていないという現実は、靖国に眠る御霊の立場からすればとても悲しいことです。
戊辰戦争から太平洋戦争に至るまでの全ての御霊が安らかに眠れる日が一日も早く来て欲しいものと願います。


>>








RSS

Ringworld
RingBlog v3.22