中標津こどもクリニックブログ

茶木みやこ LIVE

DSC05463.JPG
先日お知らせをしたLIVEまで10日ほどとなりました。
最近ひそかに町内でポスター貼りや、ビラ配りをしています。

説明をしていると
「その人知ってる」
「その歌知ってる」
「茶木さん、好きなんだよね」
といったお声もちらほら聞かれます。
せっかくの機会ですから、是非お越しください。
例によって、ご連絡いただければ前売り料金で対応いたします。
って言ってると、結局全員前売り扱いになってしまいます・・・

貼り忘れておりましたが、ココにもポスターを貼っておきます。


LIVEのお知らせ

いつも、気がつけば周知が遅れるので、
昨日決定したばかりのLIVE情報の第一報をお知らせします。

茶木みやこ アコースティック ライブ
 〜 北海道 TRAVELING TOUR 2017 〜


11月19日

中標津こどもクリニック2階ホール
今回は日曜日なので、
終わった後にミュージシャンを囲んでゆっくり宴会できるように

開場 16:30
開演 17:00


と、なりました。

時間の許す限り、飲んで行って下さい。
自動車は翌朝まで「放置可」です。


料金は、ワンドリンク付きで前売り3000円、当日3500円のです。

詳しくは、また決まり次第お知らせします。


茶木みやこ
同志社女子大学在学中に、フォークデュオ「ピンク・ピクルス」(京都の柴漬けですね)として1971年にデビュー、デビュー曲の「僕にさわらせておくれ」、マラソンの円谷幸吉選手の遺書をモチーフに歌った「一人の道」といった名曲を残すも1年で解散。
その後ソロシンガーとして「泪橋」「闇路」「冬支度」等のシングル、LP「うたがたり」などをリリース。
(この頃テレビ神奈川の音楽番組ヤングインパルスに頻繁に出演されていて、中学生の頃によく聴いていました。)
さらに、テレビドラマ「横溝正史シリーズ」のテーマソング「まぼろしの人」「あざみの如く棘あれば」で、フォークソングファン以外の多くの人々にも知られるようになる。
その後活動休止期間があったが、今世紀に入って本格的に活動を再開し4枚のアルバムをリリース、LIVE活動も「TRAVELING TOUR」と称して日本全国津々浦々を、ギター1本で歌を届ける旅をしていらっしゃいます。


そんな茶木みやこさんが11月に北海道ツアーを実施するに際して、先月いらして下さったいわさききょうこさんからのご紹介で中標津まで足を伸ばしていただけることになりました。
いつもおじさんばかりのLIVEが続く中、昨年の「史上初のきれいなお姉さん・いわさききょうこ」に続いて、今年は「ベテラン実力派女性シンガー」の登場です。
乞うご期待!


LIVEのおしらせ

DSC05444.JPG
いわさききょうこ
          with常富喜雄
夏の終わりに紡ぐ歌

「猫」の常富喜雄氏がプロデュースする若手シンガーのLIVEです。
ぢいやの常富さんもご一緒にステージに立ちます。
昨夏、当会場始まって以来の「きれいなお姉さん」のLIVEを行なったいわさききょうこさんです。
今年もまた、素敵な歌声を聞かせて下さいます。

8月29日火曜日
開場 19:00
開演 19:30

ワンドリンクつき 2500円


LIVE終了後同じ会場でお2人を囲んでみんなで飲み会です。
翌日のお仕事に差し支えない程度にご参加ください。


「いわさききょうこ」
高校時代の同級生とのユニット「ピコマコ」でデビュー。
解散後はソロアーティストとして活動中。
現在までに5枚のアルバムをリリース。


どうぞお越しください。
お問い合わせは、中標津こどもクリニック0153-78-8311
院長 栗山まで・・・


7月のLIVE

いろいろ忙しくてモタモタしてて今年もまた周知が遅くなりましたが、
今年もまた恒例のミュージシャンがやってきます。


7月13日(木) 「告井延隆」
何度聴いてもまた聴きたい、「アコギ1本でビートルズ」の妙技
19:00開場 19:30開演
前売り2500円 当日3000円 いずれもワンドリンクつき


7月21日(金) 「五十一」
スライドギターの名手、泣かせるブルース
19:00開場 19:30開演
前売り2500円 当日3000円 いずれもワンドリンクつき


ライヴが終わったらミュージシャンを囲んで宴会します。
心の準備をしてお越しください。
お問い合わせは、中標津こどもクリニック0153-78-8311
院長 栗山まで・・・


猫LIVEのお知らせ

この時期の恒例となった「猫」のライブが今年も開かれます。

NEKO Tour 2017 
HOKKAIDO 北の大地ツアー
Live in 中標津こどもクリニック

6月7日水曜日
開場 19:00
開演 19:30

前売り 3000円
当日券 3500円
いずれもワンドリンクつき
前もってお電話等でご連絡いただければ「前売り扱い」といたします。

LIVE終了後同じ会場でお2人を囲んでみんなで飲み会です。
翌日のお仕事に差し支えない程度にご参加ください。


「猫」
1971年に結成され、吉田拓郎のバックを務め、
「拓郎の弟分」的なポジションで拓郎が作詞作曲した1972年発売の「」「地下鉄に乗って」でブレイク、その後はオリジナルの「昼下がりの町」「各駅停車」などがヒット。


コンサートのお知らせ

のんびりしている間に残り1週間を切ってしまったのですが、
2月25日土曜日 午後7時
から、
フルートとピアノと朗読
のコンサートが開かれます。

出演は、フルートが東京にある
上野学園 の在校生、卒業生、OBの5名
伴奏はピアノの うえだよう さん
朗読は、あまりお知らせしたくないのですが
中標津こどもクリニック院長 栗山智之 さん

演目は未だ知らされていないのですが、
ピアノとフルートと朗読による
100万回生きた猫
をすることは、なぜか知っています。
入場は無料、開場はしるべっとのコミュニティーホルです。

何のことはない、私自身が開催に一役買っているのですが、舞台背景をお話しすると、
ここのところ5年ほど前から、新日本フィルの首席奏者 荒川洋さんのしるべっとでの夏のコンサートにあわせて、荒川さんのお弟子さん達の合宿を当院2階で引き受けています。
来ていただいた皆さんには「中標津ファン」になって帰っていただいたつもりではいたのですが、東京の上野学園という音大の3人の生徒さんが1年生の時から去年の夏まで4年連続で中標津を訪れ、この春にめでたく卒業される機会に仲間内の卒業旅行の行く先に中標津を選んで下さいました。
とても名誉なことなので張り切って受け入れ計画の策定にかかりましたが、
「君たち演奏家なんだから、フルート持って来なよ
ロビーコンサートくらいなら、準備するよ」
という話をしたらしっかり食いついてきたのですが、
そうなったらそうなったで、
伴奏者の一人ぐらい何とかしないといけない感じがしてきて、
ピアニストには何のツテも持たない私は、
以前に荒川さんの伴奏をしていらした
うえだよう
さんに事情を話して泣き付きました。
うえださんは快く承諾して下さったので、2月25日の午後のひとときにロビーコンサートを開催する段取りを進めました。
そうしていると今度は、学生さん達とうえださんをよくご存知の
素人の栗山さんにギター伴奏をさせてロビーコンサートをしてしまう
神奈川のスーパー主婦から、
「ロビーコンサートって、電子ピアノだよね?」
うえださんに電子ピアノを弾かせるの?
というクレームが入り、
ロビーコンサートと平行して、グランドピアノで威力を発揮できる
ホールでのコンサートを開催する運びとなりました。
そうしたらそうしたで、今度は
「私があたためてきたモチーフの、100万回生きた猫の朗読のための曲を書いたから、あなたが朗読をしなさい。」
というめんどくさいことになって、今日に至っています。
絵本の読み聞かせもしたことがない私には、はっきり言って重荷なのですが、こうなった以上逃げるわけには行きません。
デビューいたします。

学生の連中も卒業間近でいろいろと忙しいらしく、未だ手元に演目のセットリストが届いていないのと、
「自分が出るのを宣伝するのも自殺行為だよなぁ・・・」
と思っているうちにあっという間に1週間を切ってしまいました。

ロビーコンサートとして行なう昼の部は、
子どもから大人まで親しみやすい曲を、
コミュニティーホールで行なう夜の部は、
4年間の学生生活の集大成を、
という感じになると思います。
お時間のある方は、是非しるべっとまで足をおはこび下さい。

追加情報
卒業生と一緒に演奏するOBもまた大の中標津ファンで、かつて
「中標津に住めるなら、農家の嫁になってもいい!」
と言っておりました。
農家の関係者の方も是非お越しください。


LIVEのおしらせ

DSC03208.JPG
いわさききょうこ
          with常富喜雄
ひつじ雲ツアー2016

「猫」の常富喜雄氏がプロデュースする若手シンガーのLIVEです。
ぢいやの常富さんもご一緒にステージに立ちます。
当会場始まって以来の「きれいなお姉さん」のLIVEです。
事前に音源を頂きましたが、曲も歌も素敵です
乞うご期待!

8月31日水曜日
開場 19:00
開演 19:30

前売り 2500円
当日券 3000円
いずれもワンドリンクつき
前もってお電話等でご連絡いただければ「前売り扱い」といたします。

LIVE終了後同じ会場でお2人を囲んでみんなで飲み会です。
翌日のお仕事に差し支えない程度にご参加ください。


「いわさききょうこ」
高校時代の同級生とのユニット「ピコマコ」でデビュー。
解散後はソロアーティストとして活動中。
現在までに5枚のアルバムをリリース。


どうぞお越しください。
お問い合わせは、中標津こどもクリニック0153-78-8311
院長 栗山まで・・・


7月のLIVE

今年もまた蒸し暑い内地を脱出してミュージシャン達が北海道ツアーを組む季節が近づきました。
スケジュールは以下のとおりです。

7月8日(金) 「五十一」
スライドギターの名手、泣かせるブルース
19:00開場 19:30開演
前売り2500円 当日3000円 いずれもワンドリンクつき

7月14日(木) 「新井武士」(元ダウンタウンブギウギバンド)
お茶目なおもてなし感を持ったロック魂、宇崎竜童さんの話も面白い
19:00開場 19:30開演
前売り2500円 当日3000円 いずれもワンドリンクつき

7月22日(金) 「告井延隆」
何度聴いてもまた聴きたい、「アコギ1本でビートルズ」の妙技
19:00開場 19:30開演
前売り2500円 当日3000円 いずれもワンドリンクつき

どうぞお越しください。
お問い合わせは、中標津こどもクリニック0153-78-8311
院長 栗山まで・・・


「猫」LIVEのお知らせ

DSC02529.JPG
この時期の恒例となった「猫」のライブが今年も開かれます。
今年はニューアルバム「猫6」を引っさげての中標津入りです。

NEKO Tour 2016 
HOKKAIDO 北の大地ツアー
New Album 猫6 発売記念
Live in 中標津こどもクリニック

6月8日水曜日
開場 19:00
開演 19:30

前売り 3000円
当日券 3500円
いずれもワンドリンクつき
前もってお電話等でご連絡いただければ「前売り扱い」といたします。

LIVE終了後同じ会場でお2人を囲んでみんなで飲み会です。
翌日のお仕事に差し支えない程度にご参加ください。


「猫」
1971年に結成され、吉田拓郎のバックを務め、
「拓郎の弟分」的なポジションで拓郎が作詞作曲した1972年発売の「」「地下鉄に乗って」でブレイク、その後はオリジナルの「昼下がりの町」「各駅停車」などがヒット。
いまだ現役で、ニューアルバムまで作っちゃいました!。


LIVEのお知らせ

毎年梅雨時から夏にかけて、暑さやジメジメから逃げ出すかのように内地のミュージシャン達が北海道まで北上してライブツアーを行ないます。
先月の「猫」さんに続いて、毎年のように中標津でライブを行なっているミュージシャンが2名、今年も当院2階のホールでライブを行ないます。


7月16日(木)

五十一
 (いそいち)

日本でも屈指のスライドギターの名手
釣りをしながら全国の道の駅を旅して回るさすらいのミュージシャン。
魂のブルースは聴き応えあり。
通好みの渋い世界。

開場:19:00  開演:19:30

入場料:前売券2500円(ワンドリンク付)
     当日券3000円(ワンドリンク付)





7月30日(木)

告井延隆 (つげいのぶたか)

70年代後半の日本に西海岸の風を吹き込んだ、今なお健在の伝説のグループ「センチメンタル・シティ・ロマンス」の元リーダー。
根っからのビートルズ好きが高じて、近年はアコースティックギター1本でメンバー4人分の演奏をしてしまう「アコギ1本でビートルズ」という芸風で全国を回っています。
誰でも気軽に聴けるおなじみのナンバーを、「ビートルズ愛」の楽しいお話と共にお楽しみください。

開場:19:00  開演:19:30

入場料:前売り2500円(ワンドリンク付)
     当日券3000円(ワンドリンク付)


どちらのライブも、終了後はライブ会場のいすを片付けてミュージシャンを囲んでの飲み会となります。
ご自分の飲み代を飲んだ分だけ置いていっていただければ、参加大歓迎です。
飲酒運転は困りますが、当院駐車場は規模だけは一流なので、すみっこの方に駐車してていただければ後日取りにいただくことも可能です(注射は有料、駐車は無料)お時間のある方はお楽しみ下さい。


>>

>>このカテゴリーの記事一覧







RSS

Ringworld
RingBlog v3.22