中標津こどもクリニックブログ

インフルエンザはいつ受ける?

毎年クリニックにいらっしゃる多くのお母さん達にお話しているのですが、
この、お知らせのページにも載せさせていただきます。

医者によって言うことが微妙にちがうのですが、当院ではインフルエンザの1回目を10月に入ったらすぐに、2回目は4週間の間隔をしっかり開けて遅くとも11月中には受けて下さいとお話しています。
その理由は

#1 ワクチンの効き目
四種混合でも、麻疹風疹でも、予防接種と名の付く物は、身体の中で免疫反応が終了するまでに約4週間を要します。
打ってもすぐには効かないのです。

#2 なんで2回打つ?
お子さんの場合にはワクチンを2回接種しますが、それは1回では効き目が心もとないからです。
そこでもう1回接種して「二段ロケット作戦」として、しっかり効かせようという考え方です。
となれば、二段目は、一段目がピークに達する高さになるのを待って発車すべきわけなのですが、それが先の「4週間」なのです。
ワクチンのトリセツにも「4週間以上開けることが望ましい」と記載されています。

#3 いつになってら効く?
満を持して発射した二段目もまた体の中で免疫反応が終わるまでに4週間を要するわけですから、ワクチン接種を始めてから効き目がピークに達するまでには4+4=8週間、約2ヶ月かかるわけです。

#4 一方で流行は?
毎年のように「今年はいつごろ流行しますか?」とたずねられますが、私にはわかりません。
しかし経験的には12月には既に流行していることが多いものと思いますし、11月、時には10月の流行も経験しています。
今年は9月上旬には北関東の方で学級閉鎖になりました。

#4 ぢゃあ、いつ打つ?
今でしょ!」ていうのがオチなんですが、12月にしっかり効いていてほしいと思うのなら、2ヶ月前倒しで10月ということになります。
「早く打つと、早く切れる」とおっしゃる方に限って「効くまで2ヶ月」がカウントされないようです。

#5 北海道の昭和の常識
北海道のインフルエンザにかかわる昭和の常識を以前に聴いたことがあります。
それは
「内地の人たちが大挙して押しかける2月の札幌の雪祭りでインフルエンザが内地から持ち込まれる」
「その後、スーパーおおぞらに乗って、道東までたどり着く」
って言うやつで、「流行は2月3月、早く接種する必要はない」って言うことです。

#6 昭和は遠くなりにけり
平成も終わろうとしている昨今ですが、時代は確実に変わっています。
内地との人の行き来は増え、さらに中標津町は渡り廊下で羽田空港とつながっています。
流行に関しても「内地並み」で考えておいた方が無難です。

#7 解禁日
インフルエンザの予防接種には、ボージョレーヌーボーと同じように「解禁日」というものがあります。
それは、全国共通で10月1日です。
解禁日が10月1日に設定してあるということは、「10月1日に打っても早すぎることはない」ということです。
横浜で勤務医をしていた頃には、10月1日になると「待ってました!」とばかりに多くの方が接種にいらっしゃいました。
内地には「12月になったらもうインフルエンザの予防接種はしない」というお医者さんもおり、それはイジワルではなく「悪いことは言わんから、10月11月で打ち終わってね♪」という、メッセージなのです。

#8 てなわけで
既に10月1日を過ぎているので、1回目の接種は「さっさと来て下さい」ということになります。
接種のタイミングが、何らかの理由で遅くなっても「遅すぎて、節水しても意味がない」ということはありませんが、わざわざ待つ必要もまたありません。
だから、10月に入ったらいつでも「今でしょ!」が正解なのです。


先の日本脳炎の欄でも書きましたが、別海病院でのインフルエンザの予防接種は例年11月より開始されています。
「それなら早く受けたい」という方は、当院におきましても別海病院と同額で接種を受けることができます。
ご検討ください。


日本脳炎ワクチン

別に目新しい話題ではないのですが、その後もみなさんに日本脳炎の予防接種をオススメしています。

今日のお話のメインは
日本脳炎の予防接種を、インフルエンザと一緒に受けましょう!
という話です。
詳しく知りたい方は、以下をお読みください。

日本脳炎は「脳炎」というくらいで、とっても怖い病気です。
一旦発症すると致死率は20〜40%!
命を落とさなくても70%に精神神経の障害を残すと言われています。
この日本脳炎、昭和30年代までは毎年千人単位の発生があったのですが、現在は年間に数人にまで減少しています。
これは感染の機会が減ったからではなくほとんど全ての日本人が予防接種を受けたためです。
けれども道産子が内地に渡ることが少なかった昭和29年に始まったこの予防接種は「ウイルスを媒介する亜熱帯系の蚊がいない」という理由で北海道では長く行なわれずにいました
近年は就職、進学、旅行などで道産子が内地に行く機会は飛躍的に増えました。
夏休みに東京ディズニーランドまで家族旅行をすれば、「北海道にいれば、かからない」というのんきな理由は通用しなくなるわけで、数年前に北海道でもようやく予防接種が始まりました。
「親の遺言で、内地には絶対に行かない!」という人以外は、内地で蚊に刺される可能性があるわけですから、子どもに限らず大人でも是非ワクチン接種をするようにオススメします

お子さんの場合は生後6ヶ月以上(一般的には3才になったら)20才未満であれば、無料で予防接種を受けられます
この間に4回の接種を行なうのですが、内地の子ども達は(私も50年以上前に受けましたが)3才で2回、4才で1回、ちょっと開いて9才でもう1回というスケジュールで接種します。
今まで受けるチャンスが無かった北海道の子ども達は、二十歳が近い人は最短で6ヶ月の2週間で接種をすることができますが、効き目を考えるとなるべく早くに始めて長い期間をかけて接種することをお勧めします。
ただし、この間7才半から9才の間に、無料での接種ができない期間があります。

そして、なぜ今この段階でお知らせをしているかというと、
日本脳炎の1回目と2回目の接種間隔が「1週から4週」となっており、インフルエンザの予防接種の間隔と同じになります。
言い方を変えると「インフルエンザの予防接種をする時に、同時に日本脳炎の予防接種をしてしまえば、病院に行く回数は増えない」ということになります。
日本脳炎の予防接種を開始していらっしゃらない方で、今シーズンのインフルエンザの予防接種を予定している方にとっては、ベストなタイミングです。
ぜひ、ご検討ください。

ちなみに、中標津町、別海町にお住まいの方は、6ヶ月から20才未満(た
だし6才半から9才の間を除く)のお子さんであれば、無条件で接種を受けることができます。
標津町にお住まいの方は、保健センターひまわりが発行している問診表をお持ちの方には無条件で接種ができます。
お持ちで無い方は、お子さんが標津町が指定する接種年齢に合致していれば問診表を受け取ってからご来院ください。
もう一つちなみに、別海病院でのインフルエンザの予防接種は例年11月より開始されているようですが、それ以前に接種を介したい方は、当院におきましても別海町の助成をうけた料金と同額で接種を受けることができます。


インフルエンザ接種開始!

今年も10月に入ってインフルエンザ予防接種を開始しています。
接種時間は通常の診療時間(月曜から金曜の9〜12時、2時〜5時)の間の随時と、
10月の後半からは5時以降の時間帯や、
毎週ではありませんが土曜日日曜日にも時間を設定して、お仕事をお持ちの大人の方にも対応します。

料金は消費税が10%になるまで変更しません。

料金はそれぞれ1回が、
6ヶ月〜2才が2500円、
3才〜15才が3000円、
16才以上が3500円です。
16才以上の方が2回目の接種をする場合には3000円です。

混み合っている時間帯に飛び込んでしまうと損をしますので、
予約をしてから来ていただく方がお得です。
この夏の新予約システム導入を受けて、平日の日中の時間帯はインターネット予約もできるようになりました。
夜間と、土日祝日のご予約は従来どおりお電話でお願いします。
また、事前に問診票を取りに来ていただいてご自宅で記入していただくと、
院内にいる時間が短くて済みますのでこちらもおススメです。
予防接種以外の患者さんもいらっしゃるので、院内感染が防げます。

by くりりん │2017/09/28 09:36 │ お知らせ 本業


LIVEのおしらせ

IMG_4084.JPG
きたる

10月13日 土曜日

今まで開催してきたライブとは、ちょいと毛色の変わったライブがあります。


出演は二組

メインディッシュは
《Cruise Blues》
(藤本祐治 Vo.&Gt. 、新井武士 Vo.&Gt.)
動物を飼ってるギタリストの藤本さんと、
元ダウンタウンブギウギバンドの新井さんです。
バリバリのブルースを演奏して下さいます。

もう一組は
《Cappott&フェイ・ターン》
(kapoさん のこぎり、歌、ウクレレ
Kikuti Makoto さんGt.ウクレレ、歌
フェイ・ターンさんテルミン、歌、Pf)


いただいた資料のどこで切れるのかがよくわからないのですが、
テレビでしか聞いたことのない「のこぎり」の演奏と、
ジミーペイジがアンテナに手をかざしている映像しか見たことのない
テルミン」の演奏を聴くことができます。
会場の大家さんとしても、よくわからないだけにワクワクです。
私もありませんので、予備知識の無い方もどうぞ起こし下さい。

10月13日 土曜日
18:00 開場
19:00 開演
ワンドリンク付2500円

です。


例によってライブ終了後には、全員参加でミュージシャンを囲んで
楽しい宴会します。
翌日は休診日なので、車でいらした方は酔っ払って駐車場に置いて行ってけっこうです。


モトピクニック

今年も

モトピクニック、予定通り開催します。

大停電の影響で、もしかしたら足りない部分もあるかもしれませんが。
主催者の心意気で開催されます。

「まちなか賑い秋の陣」も延期になったようなので、肩すかしをくらった思いのある方は、是非ともお越しください。
ちなみに、私どもはライダー達のまかないを兼ねたそば屋さんで参加します。

予備知識のない方も、十分に楽しめるイベントです。
だまされたと思って足を運んでいただければ、ありがたく存じます。


大停電

未明の地震の影響で、北海道中が停電をしているらしい。
街に出ても、全ての信号機が消えているという見たこともない景色が広がっています。
警察官の手信号による交通整理が行われていない交差点では、細い方の道から交差点に入ろうとする車は、いつまでたっても交差点に入ることができず、渋滞になっていました。

そんな中でも、発電機を回して、床に電線をはわせながら、とりあえずは通常通りの営業をしていたのですが、さすがに電力頼みの薬局さんは、
「錠剤とシロップは出せますが、粉薬はちょっときびしい...」
とのことでした。
一方、処置、予防接種、錠剤の患者さんなどは問題無しなので、細々と営業をしております。
でもやっぱりこんな日ですから、ここまでいらっしゃる方はさすがに少ないです。
手持ちのガソリンが無くなるまでは、頑張ろうと思います。


LIVEのおしらせ

DSC05500.JPG
いわさききょうこツアー
          with常富喜雄
夏の道の鼓動を聴きながら・・・2018

既に恒例となったいわさききょうこさんのLIVEです。
ぢいやの常富喜雄さんもご一緒にステージに立ちます。
年に一度限りの「きれいなお姉さん」のLIVEです。
今年もまた、素敵な歌声を聞かせて下さいます。

9月2日 日曜日
開場 18:00
開演 18:30

ワンドリンクつき 2500円


日曜日なので、いつもより1時間早い設定です。

LIVE終了後同じ会場でお2人を囲んでみんなで飲み会です。
翌日のお仕事に差し支えない程度にご参加ください。


新しい予約システム

この7月より、新しい診療予約システムを導入しました。
これまでの機械には16年間お世話になりましたが、
今度の機械は16年分進化していて、とっても賢いです。

便利な機能をいくつかご紹介すると

* 症状、メモが伝えられる。
  「発熱」「発疹」「インフルエンザ」などのおおまかな症状を
  選択式に入力して、あらかじめ伝えることができます。
  受ける側も、事前の情報で準備をすることができます。


* 予防接種の予約を種類まで指定して予約できる。
  前もって何の予防接種化わかっていると、準備もスムーズ

* 現時点でどの予防接種ができるか教えてくれる・
  当院での接種履歴があるか、またはご自分で入力すると、
  月齢、接種間隔などを判断して、打つべき接種を教えてくれます。

* 夜間に病児保育の申し込みが可能になりました。
  保育室の電話を閉じる20時以降も申し込みが可能になりました。
  ただし、「順番取り」のようなものでお預かりの確定は翌日になります。

* コールバック機能がある
  メールアドレスを登録していただくと、
  予約、キャンセルなどの手続きが行なわれたことを通知するメールが、
  手続きをするごとに送信されます。

* お知らせメール
  近い将来「予約日が近づきました」「@月@日は臨時休診です」
  「こんな予防接種が受けられるようになりました」
  といった、お知らせメールも行なう予定です。

などなど、便利な機能が満載なので、ご来院される際には、
インターネットでも予約をお勧めします。
ご予約の無い方も、今までどおりお引き受けいたしますが、
今後は、混み合ったと際にはご予約済みの方を優先いたします。
あらかじめ、ご了承ください。
操作はごく簡単なので、ご来院の際におたずねください。


告井延隆LIVEのおしらせ

今年も「まだまだ先」と思っていたら、数日しかなかった・・・

8月3日(金) 「告井延隆」
何度聴いてもまた聴きたい、「アコギ1本でビートルズ」の妙技

19:00開場 19:30開演

チャージ2500円 別途ワンドリンクお願いします。



ライヴが終わったらミュージシャンを囲んで宴会します。
心の準備をしてお越しください。
お問い合わせは、中標津こどもクリニック0153-78-8311
院長 栗山まで・・・


猫LIVEのお知らせ

DSC05466.JPG
この時期の恒例となった「猫」のライブが今年も開かれます。
今回はタイトルにもあるように古希のお祝いのようですが、それでもなお創作意欲は満点のようで、今回から新メンバーを迎えて、新たなスタートを切られます。
「新猫」
の誕生に、是非お立会い下さい。

常富喜雄 音楽人生50周年&70歳記念ツアー
NEKO LIVE 2018 
〜猫の宴〜北海道
Live in 中標津こどもクリニック

6月17日 日曜日
開場 18:00
開演 18:30

前売り 3000円
当日券 3500円
いずれもワンドリンクつき
前もってお電話等でご連絡いただければ「前売り扱い」といたします。

LIVE終了後同じ会場でお2人を囲んでみんなで飲み会です。
翌日のお仕事に差し支えない程度にご参加ください。
今回は日曜日ということで、いつもより少し早いです。
お間違えのなきようお願いいたします。

「猫」
1971年に結成され、吉田拓郎のバックを務め、
「拓郎の弟分」的なポジションで拓郎が作詞作曲した1972年発売の「」「地下鉄に乗って」でブレイク、その後はオリジナルの「昼下がりの町」「各駅停車」などがヒット。



ついでのようで申し訳ないのですが、今後のスケジュールです。
7月17日(火) 五十一
8月 3日(金) 告井延隆
9月 2日(日) いわさききょうこ
みなさん「毎度お馴染み」のミュージシャンですが、今年もよろしくお願いします。


>>

>>このカテゴリーの記事一覧







RSS

Ringworld
RingBlog v3.22