日記
 ■
 07/31(日) 18:32
 
 ■
 07/30(土) 23:03
 
 ■
 07/29(金) 21:26
 
 ■
 07/28(木) 22:03
 
 ■
 07/27(水) 20:41
 
 ■
 07/26(火) 20:35
 
 ■
 07/25(月) 20:56
 
 ■
 07/24(日) 11:55
 
 ■
 07/23(土) 23:19
 
 ■
 07/22(金) 21:20
 
最大表示 10 件


2011年 7月 31日 (日) 18:32

でんでんむしむし・・・♪
by ubu

   *エゾマイマイ


  いつだっけ 水を忘れて 陸の上
   長き歴史を 背負いて歩む


  雨の日に 蘇るのか その出自
   ゆっくりゆっくり フキの葉の上


2011年 7月 30日 (土) 23:03

命を詠え・・・
by ubu



   *よもぎのステージ


  チリチリと 響く歌声 風に乗り
    我の耳にて 音符となりぬ


  生まれたる 新たな命 原に満ち
    枝葉の先で 和する喜び


  鳴き交わし 尾羽を振りての リズムあり
    拍子を数え 犬と見守る


2011年 7月 29日 (金) 21:26

会いたかったよ〜!
by ubu


    *二葉ちゃん、エニセイと再会!


  エニセイに 会えて嬉しと 綴られた
    ゲストノートを 読み終えほっと


  片耳を そばだて聞いた つぶやきは
    バイカに母の 幼き姿と


  エニセイの 幼時を知るや 西多摩で
    週末ごとの 出会いを重ね


  マンションの 規制がありて やむを得ず
    小型の白い 犬が姉妹に


2011年 7月 28日 (木) 22:03

コボ、輝く!
by ubu

   *29℃の日の夕


  ふんわりと 残照くるみ 輝いて
    真夏日届かず 午後は終わりぬ


  観察を 続けデータを 送信す
    新たな発作 間遠や嬉し


  試しにと 処方の薬 効いたのか
    コボの唸りは 確かに減りぬ


  顔面で 制動かけた 駈け遊び
    鼻に痕あり 夕陽に白く


2011年 7月 27日 (水) 20:41

二日前の再会・・・
by ubu

    *保育士シロップと美都貴


  一年の 時を隔てて 鼻寄せる
    里での再会 互いは旧知


  お転婆な 白い子犬に ネコなるを
    教えたシロップ 優しく迎え

 
  この床に 傷はあるのか 幼き日
    からみあってた パエルの前で

      


2011年 7月 26日 (火) 20:35

弾む夏
by ubu


   *おじさんと姪


  成長を 同じ部屋にて 見守りし
    姪っコ今は 遊びの相手


  障害を 気にせず跳ねる おじさんに
    バイカ嬉しや 眺むる我も


  倒れたる コボを気づかう バイカ見て
    ジャーキー1本 増やす飼い主


2011年 7月 25日 (月) 20:56

受け止める大きさ・・・
by ubu

   *フキの葉の上に・・・


  色を変え 枝を離れた 小さな葉
    そっと受け止め 抱くかフキよ


  抱擁の 大きな葉にも 時はくる
    虫がついばみ あばたも増えん

  朽ちるまで 大きな心で 抱きとめよ
    命すべては 絡みて生きる


  その下で コロポックルは 気づくのか
    落ち葉奏でる 秋の便りを


2011年 7月 24日 (日) 11:55

まだ頑張れるのに・・・
by ubu

   *アナログ終了


  たくさんの 出来事伝え 喜びも
    映してくれし 君はリタイヤ


  まだどこも 具合は悪く ないんだと
    主張するのか 通牒画面


  がらくたの 箱を探りて 見つけたる
    ラジオを拭きて 電池を入れる


  あと10分 静かに点けて 見守りぬ
    ただありがとう 其を言いたくて


  投了の 時は近いか 画面でも
    解説の声 あきらめ含み


  


2011年 7月 23日 (土) 23:19

誰も来ない・・・
by ubu


   *待つ犬 ゴン吉

  小屋を出て いつも見つめる 東南は
    ゲスト必ず 近づく道か


  ねえ今日は 誰も来ないの 寂しいな
    郵便屋さんは もう友だちだし


  初めての 人に出会った 緊張を
    実は楽しく 感じる君か


  


2011年 7月 22日 (金) 21:20

温める<ちょぴナチュ>・・・
by ubu


   *はぁ〜!

  寒き朝 動けぬトンボ 手で囲い
    子供に戻り 息を吹きかけ


  朝の陽と 我のぬくもり 伝わりぬ
    羽は急がん 空を目指して


  幼き日 魔法の息と 信じてた
    動かぬ虫を 掌に乗せ











RingBlog ver.2.44d