日記
 ■
 12/31(金) 17:46
 
 ■
 12/30(木) 22:02
 
 ■
 12/29(水) 23:56
 
 ■
 12/28(火) 22:54
 
 ■
 12/27(月) 22:55
 
 ■
 12/26(日) 23:54
 
 ■
 12/25(土) 20:26
 
 ■
 12/24(金) 12:23
 
 ■
 12/23(木) 17:02
 
 ■
 12/22(水) 17:34
 
最大表示 10 件


2010年 12月 31日 (金) 17:46

大晦日
by ubu

   *新しき年へ・・・


  この子には 六度目なるか 大晦日
    無事に新年 安堵で迎える


  年越しの カウントダウン 数時間
    紅白視ながら 記念の薬(あんぱん)

  
  このごろは しばらく雪原 駈けないと
    出てはくれぬか おなかのうんこ


  いやこれは コボの作戦 思いきり
    弾ける時を 楽しむための

 *********************


  あたらしき としにできるの でぃーぶいでぃ
    それってあんぱん よりおいしい? 
              
       (詠みいぬ・コボ/聞き書き・ウブ)

 *********************

  たくさんの エールをいただき 越えし壁
    お顔浮かべて ただただ感謝

      ありがとうございました。
     佳き年をお迎え下さい・・・。

              石川 利昭

    
    


2010年 12月 30日 (木) 22:02

3年前・・・
by ubu


   *パエルっこ誕生日


  初めての 子犬のための 痛みとは
    知らずひたすら 静かに耐えし


  この時の 八匹育てし 経験が
    後に生きたか 良き母パエル


  ある意味で 都落ちなる 北帰行
    元気な産声 希望の灯り


  子たちから 元気でいると 便りあり
    伝えてあげたい 母は大地に

  


2010年 12月 29日 (水) 23:56

空耳・・・?
by ubu

 
   *まだ聞こえるような・・・


  朝の餌 準備の食器 並べ置き
    妻に言われる 焦げパンいない


  リビングの 中が見えるか 庭からも
    いつもの時間 柴っこさいそく


  その声に せかされるよに チーズ切り
    皿に広げる 煮干しとともに


  残りしは 老いた犬への 朝の皿
    用意の耳に 子犬たちの幻声


2010年 12月 28日 (火) 22:54

小次郎・九歳
by ubu


  *カムチャッカ種?


  父の名は ネズミと言いし ロシアネコ
    母はアメリカ ワインなり

  
  その瞳 父を感じる 緑あり
    静かに見つめる 我の箸先


  大国の 友好示す ミックスか
    間を採りて カムチャッカ


  望まれて 期待されての 結婚で
    見事に小次郎 ハンサム息子


  顔は父 小顔すんなり 若さあり
   しかし身体は おじさん地ネコ


  生まれた地 北に戻って 3年目
   甘え上手で 2キロの増加


2010年 12月 27日 (月) 22:55

凍ったぬくもり・・・
by ubu


   *孫、ひ孫たちからミゾレへ


  茎に添え 二個のカイロは 気遣いか
    しばれる大地 凍花届きぬ


  ありがとう と書かれし文字を 繰り返し
    読んで花置く ミゾレの寝場所


  客人が 入るを躊躇 する框(かまち)
    そこでお局 午寝を常に


  曾祖母の 花に送られ 旅立つは
    柴っ子祭りの 最後の1匹


  

  


2010年 12月 26日 (日) 23:54

最期の指導
by ubu



   *保育士から鈴へ・・・


  判ったか 大丈夫だよね 新居でも
    ネコには敬意 払うのが犬


  もしネコを 襲った時は 俺様が
    飛んでパンチを 浴びせに行くよ


  はい先生 外では約束 できないけど
    同居のネコさん 大事にするよ

  よし、行きな 三日はネコを かぶるのが
    美味しい餌の 保証になるよ

___________________
 
  あ、シロップ それを言っちゃ いけないよ
    とにかく鈴よ みんなと仲良く


2010年 12月 25日 (土) 20:26

雪は冷たし・・・
by ubu



   *ミゾレの踏み台

  
  足腰の 弱りし曾祖母 利用した
    踏み台今日は 雪上台地


  乳父願う 使用の術は 届かずに
    焦げパンすぐに 歯磨き利用


  こら咬むな ミゾレばーちゃん しっかりと
    使ってくれた 記念の品だ

  いくらかは ミゾレの匂い 気づいたか
    明日はおまえも 新しき家に


2010年 12月 24日 (金) 12:23

忘れないよ・・・
by ubu

   *ミゾレ・・・14歳3ヶ月と10日


  最後まで わずらわせずに 穏やかに
    生きたお前を 誇りに思う


  様々な 仕事について くれた犬
    今、永い旅 迎えは誰ぞ


  ミックという キツネはお前を 慕い寄る
    再会果たせよ 銀河のほとり


  五代目の 使命を見事 果たし終え
    動かぬ耳に 玄孫の声が


  ありがとう ただそれだけを 言いたくて
    額にそっと 指をはわせる


  常に守る ことを考え 生きて来た
    幼き命も 柴の矜持も 


2010年 12月 23日 (木) 17:02

雪のち雨のち雪・・・
by ubu

   *おじちゃん、吹雪だね!


  大好きな おじちゃん昨日 五歳だよ
   元気に起きて 辿り着いたよ
  

  10匹を 代表するか 2匹のコ
   吹雪の庭で 遊んだ記憶


  おじちゃんを 慕う気持ちは 尾の先に
   細かく速く  揺れて雪跳ね

 
  夜になり またまた雨の 音強く
   重たき雪に コボはふらつき


  車庫の奥 ぬくもり満ちる サークルで
   焦げパン二個は 抱き合い眠る


  


  





  


2010年 12月 22日 (水) 17:34

嬉しいな〜!
by ubu

   *コボ、五歳。。。。。


  胸よりも 太い防具を 首に巻き
    三歩進んで 拍手を浴びし


  かの時は 今日の5歳は 夢想だに
    できずひたすら その場を生きた


  五綴りの 暦に赤き 印あり
    お前の辛き 発作のしるし


  乗り越えて 起き上がりての 誕生日
    五回を迎え そっと手を添う


  女房は いつもの餌に 加えたり
    届いたばかりの アンパンにレバー


  ごちそうを すべて食べ終え 雪間近
    入りし居間で 安らぎ眠る











RingBlog ver.2.44d