日記
 ■
 10/26(金) 23:54
 
 ■
 10/17(水) 10:08
 
最大表示 10 件


2007年 10月 26日 (金) 23:54

夢を見た、、、。
by ubu

 東京での展開を中止するお知らせを発表して10日が過ぎた。大勢の皆さんから「驚き」と「何故?」の声が寄せられた。
 そして私の心を明るく、そして再び夢を大きく育てて下さった言葉があった。それは、

「謝らないで下さい、私たちこそ、3年半、王国が東京に来てくれて、ありがとう、、なんです」
 
 との言葉だった。

 読みながら、私のゆるんでいた涙の池があふれた。鼻をかみ、咳払いをし、タバコに火をつけて周囲をごまかした、、、、。
 17日の日誌の末尾、
 「申し訳ありません」は消せない。でも、それは新しい出発の言葉とさせていただこう。

 今、私は夢見る50代になっている。
 いよいよ、「俺の出番だ!」と張り切っている。
 東京で実証された「石川百友坊」を、北海道だけではなく必ず首都圏に再現しなければ。ついで関西に、そして九州に!
 
 頭の中は様々な企画で満たされている。
 それが可能になったのは、この貴重な3年半、このあきる野の王国に来られた皆さん、さらにネットを通してエールを送り続けて下さった皆さんの存在である。
 マロの死に、ともに涙され、ベルクの晩期を穏やかに見つめて下さり、金ちゃんのオシッコシャワーに歓声を上げ、コボが立ち上がり、よたよたながらも歩く姿に拍手を下さった、、、。
 
 「ありがとうございます」
 
 「今、ここから私は出発します。笑顔と温もりのあふれた百友坊の新たな展開を目指して、、、」

____________________________________
 *コボ、連日、あんぱんをいただく
  
    ヨダレつつ  跳び上がり  食らいつく
       コボが好物   西からの土産

 *柴ッコ、どんどん新しき家庭へ

    必ずや  再会かなうと  約束し
      実家は北へ   やがて南へ西へ

 *北の旧友来たり、タバコを ふかしつつ、、、

    42年   隔たりはどこへ  古き友
      話は変わらず   音楽のこと

 *百友坊 犬、猫、ひたすら昼寝、、、。

    この姿   見たくて通い  50数日
      ゆっくり歩む  女性(ひと)、我に告げし

 *女房(乳母)の独り言

    他人との  会話を避けし  20代
      今は多くの   笑顔が嬉し

 *乳父(ウブ)の独り言

    2時間の  滞在の後  こわごわと
      犬に触った   子供を見た喜び

    次の王国   皆さんと仲間と  築きたい
      そこは笑顔の  犬猫寝ころぶ

    北の家  我が家でもあり  君が宿
      仲間の胸に   犬たちは跳ぶ
____________________________________

 まもなく日替わり、
 「雨よおさまれ、残りの日々は、、、」

    

    
 
 
 


2007年 10月 17日 (水) 10:08

必ずや再会を、、、!
by ubu

  
   「想いを残して・・・・」

 今日、東京の王国を閉じる日が発表された。
 11月25日、あと1ヶ月と少しで、ようやく慣れたあきる野での王国活動は終わる。
 その原因はあえて書かない。ただ言えることは、勇んでやって来た私たち王国メンバーにも大きな責任がある、ということだ。
 これは厳しく心に留め、3年半の期間、あきる野の王国に来られた皆さんに御礼をのべるとともに、お詫びをしなければならない。

 「ありがとうございました」
 
 そして
 
 「申し訳ありません、、、」

 私と女房は北の地に戻る。
 もちろん犬やネコたちとともに。

 今は、この東京の地で心を繋ぎ、笑顔を交わした皆さんと、どのように次の展開を語り合うべきなのか、それだけを考えている。
 そして、北の地で生きものたちと築く新しい暮らしの術を、、、、、。


   胸はずみ  心おどらせ  始めたり
      新しき王国   瞬の1200日

   あの顔が  かの顔がよみがえり  濡れた視界
       コボは変わらず   笑顔で駈ける

   マロが去り  カザフも消えた  北帰行
        胸にあふるは  みなさんの笑顔

   白い騎士  為れぬおのれに  ただ苦笑
        今日、丘を駈る  白い馬に乗り

   ひとときを   ともに過ごした  皆さんに
        嗚呼伝えたい   必ずや戻ると

   コボという  白い犬には  はじめての
        雪と遊ぶか   建国の地で

   酒に酔い  人の心に  酔った夜
       仲間の歌は    今も聞こえる

   寂しさと  言う四文字を   飲み込んで
       今日もあきる野   犬の糞を拾う

   プチという  駈ける広場に  集まりし
     タブっ子ラーナっ子  乳父(ウブ)は幸せ

   ありがとう  他に言葉  見つからず
       25日まで    ただその日まで

___________________________________


     申し訳ありません。
                   
                            石川 利昭
                  



 
   
   

 

 











RingBlog ver.2.44d