日記
 ■
 02/06(火) 10:41
 
 ■
 02/02(金) 16:45
 
最大表示 10 件


2007年 2月 6日 (火) 10:41

ウブの側近・(5)・ベルク
by ubu

  私の心の中で、ベルクの名前には、常にタローがついて回る。
 11年前の秋、オオカミ犬のタローは5歳の若さで死んだ。私が出張中のできごとだったので、いまだに無念の思いが強い。
 タローの実家のつんちゃんと、号泣しながらタローを埋葬し、しばらくは心の中にすきま風が吹く情況だった。
 
 そんな時に兵庫県から1本の電話がかかってきた。
 
「レオンベルガーの子犬が生まれています。1匹、王国でのびのびとした暮らしを、と思うのですが、いかがですか、、、」
 
 当時の私は出会ったことのない犬種だった。受話器を手に頭の中で犬種図鑑を繰った。おぼろげながら大きな犬のイメージを思い出していた。
 はっきりとした返事をせずに、ご連絡をさせていただきますと話して電話を終えた。
 すぐに図鑑を取り出し、レオンベルガーを探した。
 写真と説明を見てその瞬間に心は決まっていた。
 
 数日後、私は兵庫県にいた。日本で初めてレオンベルガーの出産を無事に行なったTさんご夫妻は、まさに大きな犬に惚れ込まれ、海外からこの犬種を導入された先駆者であり、犬との暮らしのために都会から居を移された愛犬家だった。
 
 私は嬉しそうにとびついてくる大きな子犬の中から1匹のメスを選んだ。
 
 レオン=ライオン  ベルガー=ベルケン=山
 
 山のライオンと呼ばれる犬に、私は「ベルク」と名付けた。

 今年、ベルクは11歳になる。大型犬の寿命はせつないほどに短い。比較的にレオンベルガーは長命なほうだが、それでもベルクの両親はもとより兄弟たちもほとんど星になっている。
 一昨年、ベルクは乳がんの手術をした。
 昨年、転移した部分の大手術を行なった。
 そして昨年の秋から、ソケイリンパ部の腫瘍が大きくなり、手術は負担が大きいとのことで内科的な治療を続けている。左足に浮腫ができ、時々歩行が困難になることもある。
 
 「ベルク、穏やかに暮らそうな〜、美味しいものをいっぱい食べような〜」
 
 もう、我がままな犬の指導をしなくてもいい。もうすべての子犬たちの面倒をみなくてもいい。もう、大姉御として集団に目と心を配らなくてもいい。
 1日でもいっしょにいられる時間がありますように、タローの写真の前で昼寝をするベルクに、私と女房はそう願っている。

 


2007年 2月 2日 (金) 16:45

地子ばあちゃん、大活躍
by ubu


 2年ほど前から、あきる野市の小学生の登校時、王国の仲間たちが犬とともに通学路のパトロールを行なっている。人数が限られているので2校だけだが、犬たちはすっかり子供たちの人気者になっている。あるお母さんは、
「登校を嫌がっていた娘が犬と一緒に歩きたくて、元気に早起きるようになった」
 と嬉しそうに話してくれた。
 校長先生も、子供たちが大きな声で挨拶をする、と変化を喜ばれていた。

 今朝のパトロール、馬も参加をした。ドサンコの地子、もう30歳に近いおばあちゃん馬である。
 これが2度目の出番だったが、初めて会った子供たちも多く、みんな、
 「ウマだ、ウマだ!」
 と取り囲み、茶の冬毛を触っていた。
 最初は引き綱の端のほうを握っていた女の子も、学校に近づく頃には、地子の顔の近くを持っていた。
 みんな笑顔だった。みんな寒さを忘れていた。みんな地子とペースを揃えていた。
 おまわりさんは、地子の首に巻く大きなパトロールバンダナを用意すると約束してくれた。
 今、馬を身近に感じられる子供たちは少ないだろう。60年前と比べると馬の数は10分の1以下になっている。
 大きな生きものに触れて、あきる野の子供たちは元気に授業を受けたことだろう。 
 「今度はぜひ、彼らを背に乗せてあげたい」
 と地子の世話をしているコパちゃんは笑顔で言っている。
_____________________________
 <写真説明>
 もうなにも説明はいりませんね、みんなの笑顔がすべてです!
 地子、素晴らしいドサンコです。
 











RingBlog ver.2.44d