日記
 ■
 04/19(土) 19:55
 
 ■
 04/15(火) 00:52
 
最大表示 10 件


2008年 4月 19日 (土) 19:55

腹時計、日時計、そしてラジオ
by ubu

 昨年の暮れ、何度目かの東京往復の時に、トラックに荷を積もうとして左手首を強打、見事に腕時計のバンドがぶっ飛んだ。
 以来、私は腕時計をしていない。
 生活に不自由があるのではと聞かれたら、おそらく嬉しそうな顔でこう返事をするだろう。

 「いいえ、まったく問題はありません。これまで、あの小さな計器に、いかに心を縛られていたか、よく分りました」

 今の時代、これは贅沢の一種かも知れない。
 通勤の電車に乗るわけでもない。営業時間を気にする必要もない。笑顔で見つめ、尾を振ってくる連中と会話をし、食べ物を与え、ウンコを始末する日々。後ろから追い掛けられるような切迫感とは無縁になった。
 けして仙人になったわけではない。現実を見ると、100に近い生きものたちを空腹にさせないために、ギリギリの暮らしを続けている。大勢の皆さんの応援をいただき、そのおかげでなんとかなっている状況は早く打破しなければならない。
 
 でも、時計は不要なんである。
 飯の時間は、何かというと食べ物を要求する自前の腹が、そろそろ限界ですよと知らせてくれる。時には犬やネコたちが、彼らなりの態度で示すこともある。
 あきる野で犬の相談を受けた時に、たまには餌や散歩の時間を変えるのも良い効果がありますよ、と話してきた。
 まさにそれは真実だと、今、自分の暮らしの中で再確認をしている。いつもより遅れた食事のなんと美味なことか、、、。

 太陽や風も時刻を知らせてくれる。
 まるで原始人のようだが、傾いた陽光や、風の変化でおよその時間を知り、行動の基準となっている。これは犬ネコたちとぴったり合うので面白い。彼らは人間のすぐ横で生きてはいるが、地球そのものと共生する能力をけして失ってはいない。
 鳥インフルエンザが発生した大規模養鶏場では、夜間照明を行なっている所も多いと聞いた。地球のリズムに背くことは、思わぬしっペ返しに繋がるのだろう。

 もうひとつの大きな変化はラジオをよく聞くようになったことである。
 生家にTVが入ったのは、たしか小学5年生の頃だった。それまでは祖父と一緒に、よくラジオで相撲や落語、浪曲を聞いていた。
 鉱石ラジオを作ったり、真空管のラジオを解体、組み立てと、自作のラジオから音が聞こえた時の感激は、今も忘れる事ができない。
 
 犬たちと散歩をしながら、時にはパソコンに向って仕事をしている時、そこに流れているのはNHkの第一放送かNHkFMだ。よほどのことがない限り(プロ野球中継など)、民放にダイアルを合わすことはない。あのかしましさが苦手な年齢になったのかも知れない。
 NHkの放送の良さは、日本各地の情報の汲み上げである。それを他の仕事をしながらチェックできる気軽さが嬉しい。ただ願う、NHkのアナウサーが、民放の真似をしないことを、、、。

 こう書いてみると、何か浮き世離れをしたように思われるかも知れない。
 それは否定させていただこう。
 このような時間の枠から外れた日々の暮らし。そこからは、湧き出るようにアイデアが生まれ、これまでの生きものたちとのドラマが蘇ってきている。
 今、私は、それを形にする作業に没頭している。
 そう、左手に視線を配ることもなく。
_________________________
  <写真説明>
 彼らも枠を飛び出し、思うがままに原野の暮らしを楽しんでいるらしい!
 エニセイ、ワリーナ、私に視線を合わせないと言う事は、、、。

 


2008年 4月 15日 (火) 00:52

母に負けずに・・・。
by ubu

 もう8年ほど前のことになる。サモエドのラーナがダーチャたちと春の堅雪(日中に融けた雪が夜の寒気で凍り、人間が乗っても沈まない堅さになる)の上を駆け回って遊んでいるうちに、我が家から直線で2キロほど離れた所で遭難したことがある。
 行方不明に気付いたのは、あの食いしん坊のラーナが、午後3時頃の餌の時間にも戻っていなかったからだ。
 
 薄暗くなった雪原を歩き、林や沢を探した。しかし、どこにも姿はなく、人間の夕食後、再び捜索に出た。
 そして午後11時頃だったろうか、半ばやけくそでラーナと大声で叫んだ。
 
 その直後だった。遠くで高い犬の声がした。
 月夜だった。雪の季節、満月の力は強い。しかし、探している犬はサモエド、白い犬、雪の上では見つけ難い。
 
 私は名前を呼びながら、鳴き声のする方向に進んだ。
 
 沢に近づいた。
 ますます犬の声は大きくなり、ラーナのものだと確信した。
 しかし、姿はどこにもない、懐中電灯は、ただただ雪原を照らしていた。
 
 沢のもっとも低い所には小川があった。夏はクレソンが繁り、清流には小魚もいた。
 その川も冬の間は雪に覆われ、一面の雪原と化し、どこに川があるのかは分らない。

 私は耳を澄ませた。
 
 遠くで救急車のサイレンの音が聞こえてきた。
 それに重なるように、またラーナの声が聞こえた。

 ゆっくりと懐中電灯を雪原にそって動かした。
 30メートルほど先に黒ずんだ所があった。
 私は近づいた。穴だった。水の流れる音をバックに、ラーナがまぶしそうな顔で私を見上げた。濡れた尾を懸命に振っていた。
 
 おそらく遊んでいるうちに、覆っていた雪が薄くなった所を踏み破り、ラーナは雪下の小川に落ちたのだろう。
 雪面までの高さは1メートル20センチほど、不幸な事にこの時期の川は、まさにトンネル状になっている。どんなにがんばってもドッグレッグした雪の壁を登ることは、犬には不可能だった。
 深夜、私と女房は、ずぶ濡れのラーナをあたため、熱い餌を与えた。

 そして今日、ラーナの最後の子供になるアリーナ(たぶん、間もなく1歳)が事件を起こした。
 経過を短く書いてみよう。

 8時30分 カボス、エニセイ、チロル、ハコ、タングとともに
       フリーになる。天候も良く、みんなで駈け回る。
 9時15分 カボスを先頭に、エニセイ、ラーナ、ハコ、林から川
       の方向に消える(自主的自由散歩)。
 9時50分 カボスとエニセイ、ハコだけが戻る。
10時 5分 夫婦でアリーナを探しに行く。見つからない。
10時50分 チロルを連れて再度、当幌川方面に捜索にでる。チロ
       ルは自分だけの依怙贔屓散歩かと、笑顔で嬉しそう。
11時10分 川沿いでチロル、なにかの音をチェック。アリーナと
       呼ぶと必死さを感じる声が聞こえた。ドッグレッグし
       た岸と崩れた崖に囲まれた川面で泥だらけのアリーナ
       を発見救助。
11時25分 家に戻る。
11時40分 名前をアリーナから「ワリーナ」に戻そうかと女房と
       ふたりだけで検討委員会を開く。
11時46分 ワリーナ、熟睡。

 昔、パグ犬が同じような状況に陥った時、同行していたコリーのモティは、ひとり家に戻り、鳴いて人間に急を知らせた。
 今日、我が家のカボスもエニセイも、それらしき素振りは一度も示さなかった。
 薄情ものかもしれない、、、。




 











RingBlog ver.2.44d